骨折

骨折の症状

骨折は骨が折れたり骨が傷ついた(ひび)状態を言います。
何かにぶつけたりして骨に強い力が加わり骨折、また持続的に強い力が繰り返されて蓄積し骨折する「疲労骨折」という症状もあります。
突き指や捻挫だと思っても、実は骨折だったということもありえますので、自己判断せず不安に思ったらご来院下さい。

骨折だと思われたら

まず出血がある場合は真っ先に止血を行い、骨折の処置はその後になります。出血が無ければ患部が動かないように安静にします。
骨折は内出血でショック状態(気を失う・嘔吐する)に陥る場合もあるので、RICE処置を行った後、医療機関へご来院下さい。

“RICE”処置
R:安静(Rest)
I:冷却(Ice)
C:圧迫(Compression)
E:挙上(Elevation)

当院の施術

骨折の処置・リハビリが出来ます

骨折した状態をもとの位置に戻すことを「整復」と言います。
整復した箇所を、ギプス・シーネなどと呼ばれる固定材料で動かないようにする事を「固定」と言います。
当院では、患者様が症状を訴えている箇所を診せていただき、骨折している可能性があると判断した場合、「整復」「固定」の処置を行います。

※骨折後すぐご来院頂いた場合、レントゲン等の処置のため他の医療機関へ紹介状を書かせて頂くことがございます。
※骨折・不全骨折は医師の同意が必要となります。(ただし、応急手当としての、最初の1日だけはこの対象ではありません)

また、早期回復、日常生活に支障がないようにするために、骨折後のリハビリが非常に重要になってきます。
できるだけ早く痛みを取り、日常生活を送れるよう施術を行います。